ひがしけんじ

代表・東 憲司プロフィール

1964年12月17日生まれ  福岡県出身。

劇団桟敷童子代表。劇作・演出・美術を手がける。

(劇団作品ペンネーム:サジキドウジ)

 凝った舞台美術と社会の底辺で生きる人々を描いた骨太で猥雑な群像劇が特徴。自らの生まれ育った炭鉱町や山間の集落をモチーフにしたパワー溢れる舞台により、日本の演劇シーンの中で異才を放っている。

 外部作品も積極的に手がけ、2012年度に紀伊國屋演劇賞・個人賞、読売演劇大賞優秀演出家賞、鶴屋南北戯曲賞をトリプル受賞。また初めて手がけたTV脚本「めんたいぴりり」は第30回ATP賞、第51回ギャラクシー賞奨励賞、平成26年日本民間放送連盟賞・テレビドラマ番組部門優秀賞・第41回博多町人文化勲章を受章し、福岡県のみの放送だったにも関わらず、全国で放送された。

 2018年3月に初の小説「めんたいぴりり」が集英社から出版。

 2019年1月には、映画「めんたいぴりり」が全国ロードショー。

【受賞歴】

2012年度 第47回紀伊國屋演劇賞・個人賞受賞 

                    対象作品:劇団桟敷童子「泳ぐ機関車」文学座「海の眼鏡」

2012年度 第20回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞 

                    対象作品:劇団桟敷童子「泳ぐ機関車」トム・プロジェクト「満月の人よ」

2012年度 第16回鶴屋南北戯曲賞受賞

      対象作品:劇団桟敷童子「泳ぐ機関車」

2014年度 TVドラマ脚本『めんたいぴりり』

       平成26年日本民間放送連盟賞 優秀賞受賞

                     第30回全日本テレビ番組製作社連盟ATP賞奨励賞受賞

       第51回放送批評懇談ギャラクシー賞奨励賞受賞

2015年度  第41回博多町人文化勲章受章

       平成27年日本民間放送連盟賞 優秀賞受賞(2年連続受賞)

2017年度 第25回読売演劇大賞優秀スタッフ賞受賞 

                    対象作品:劇団桟敷童子「蝉の詩」「標~shirube~」

 

主な外部作・演出作品(劇団桟敷童子以外)

2008年 3・5月 石川さゆり芸能生活35周年記念

石川さゆり特別公演「奇想天外」 (作・演出)
 

2011 年3・4 月 御園座・新歌舞伎座

石川さゆり奮闘公演「夢売り瞽女」(作・演出)

2011 年10 月 東宝・シアタークリエ公演
「ゲゲゲの女房」(脚本・演出)

2012 年1 月 日韓演劇フェスティバル
「トンマッコルへようこそ」(演出・美術)

2012 年6 月 流山児★事務所
「さらば、豚」(作)

2012 年7月 日本舞踊協会
「走れメロス」(脚色・演出・美術)

 

2012 年9月 トム・プロジェクトプロデュース

「満月の人よ」(作・演出)

2012 年12 月 文学座アトリエ公演
「海の眼鏡」(作)

 

2013 年9 月 演劇集団 円

「夏ノ方舟」(作・演出・美術)

2014 年2 月 トム・プロジェクトプロデュース

「案山子」(作・演出)

 

2014年8月テレビ西日本開局55周年記念ドラマ

「めんたいぴりり」脚本

2014 年7 月 椿組プロデュース
「廃墟の鯨」(作・演出)

 

2015年2月テレビ西日本スペシャルドラマ

「めんたいぴりり2」脚本

 

2015 年5月 こまつ座

「戯作者銘々伝」(作・演出)

 

2016 年3月 トム・プロジェクトプロデュース

「砦」(作・演出)

 

2016 年5月 ナッポスユナイテッドプロデュース

「トンマッコルへようこそ」(演出)

2016 年6月 演劇集団 円

「透明な血」(作・演出・美術)

2017 年7月 こまつ座

「イヌの仇討」(演出)

劇団桟敷童子からの公演のご案内をご希望の方は

お名前・ご住所・ご連絡先を

下記劇団事務所までご連絡ください。

〒130-0003 東京都墨田区横川1-1-10

鈴木興産25号D-1倉庫

TEL:03-5637-8902

FAX:03-5637-8547

e-mail     s-douji@imail.plala.or.jp 

© 2015 by劇団桟敷童子

7/3/2015

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now